2007.4.30

釧路 LIVE 終了!! 素晴らしすぎる夜でした!!

えいが館サオリさん、目黒さん、伊藤ちゃん、PA勝山さん、スタッフのみなさん
遠くから参加してくれた仲間ミュージシャンの REO、まつもとゆきひろさん
いつも完璧に手伝ってくれるJJ
そしてたくさん集まってくれたお客さん!(入りきらずカウンター内まで!!)

あの夜関わったすべての人に感謝いたします、本当にありがとう!!!

Photo by YURIKO NOZAWA

KENICHI KIKUCHI "Thanks to KUSHIRO!!!!"

2007.4.28


KENICHI KIKUCHI "2007.4.28 LIVE in KUSHIRO"

2007.4.27

サウンドホールのまわりがボロボロになるほどに

僕のストロークは激しい、ん? 激しかった?

ハタチの頃のえいが館LIVE本番、毎回ギターの弦を切った

札幌へ出てLIVEをくり返した時も必ずと言っていいほど切った

それがいつの頃からか切れなくなってた

でも今回、

週末のえいが館LIVEが楽しみで

毎日毎日何時間もギターかき鳴らした頃みたいに

ブチブチ切りまくっている

これでもか! ってくらい切りまくってる

明日が楽しみで仕方がない

Enjoy !!

KENICHI KIKUCHI "Strings"

2007.4.26

今夜 19:30から & 再放送 当日23:30から

FMくしろ 「Sound Stage」は聞いてもらえたかな?

こちらでは電波が届かないのでどんな放送になったのかな?

とにかく、4月28日 LIVE みんなで楽しみましょう!!



今日5分で書いたのがあるので UPします。


通勤ラッシュ、車の中から見た
春の花があまりに綺麗だから
ポケットの携帯電話で休むことを伝えた
微風に吹かれ木漏れ日を浴びて
あたりまえに喜んだ

翌朝 有給の余っている僕は解雇され
無用になった数々をシュレッダーにかけた

  でも君はわかってくれるだろう
  君を心から愛している

東照宮の前の踏切
猛スピードで虹色に流れる仙山線を見てる
まるで昨日までの生活みたいだ
その中では見えるものも見えなくなり
愛するものも愛しにくくなってた

無表情の遮断機の許しが出て
人と自転車と車がそれぞれのスピードで進み出した

  だから君はわかってくれるだろう
  君を心から愛しているのだから

燕が僕のすぐ横を駆け抜ける
尾形橋に彼らの巣を見つけた
桜の花びらで出来た階段を下りた
白石川の中で揺れる桃色を見つめた
白い雲がいっせいに下流へ流れ太陽が顔を出した

やれることしか出来ないことを知った
せめて燕みたいに気持ちよくやれたらそれでいい

だから君は笑ってくれるだろう
君を心から愛していれば



KENICHI KIKUCHI "2007 Lyrics No.003"

2007.4.25

ありがたいことに FMくしろさんの番組に急遽登場させていただくことになりました!!

FM くしろ 76.1MHz 番組 「Sound Stage

2007年4月26日(木) 19:30から 再放送 当日23:30から

約10分の電話インタビュー & 2曲オン・エア予定です。

釧路のみなさんは是非聞いて下さいね!!


故郷のFM局、FMくしろさんに感謝!!

KENICHI KIKUCHI "FM Radio 2007"

2007.4.23

実家の小さな庭にはたくさんの野鳥が顔を見せるらしい

でも、母からのメールに添付されてくる写真はスズメやヒヨドリばかりなので

僕は「証拠もないのに信じないよ」って言うのさ

でも最近は証拠写真を送ってくるんだ。


証拠その1) 2007年3月26日のメール添付写真

カラダが黄色いので「キセキレイ」かな? って書いてたので

僕は、珍しくもない「アトリ」だよって言って

ガッカリさせてあげた(笑)


証拠その2) 2007年4月17日のメール添付写真

ついに「ウソ」を撮りました! って書いてあったので

僕は「あぁ、庭の桜のつぼみ全部食べられちゃうね」

またガッカリさせてあげた(笑)


証拠その3) 2007年4月23日今日のメール添付写真

「カワラヒワ」がやって来たそうな

その頑張りようにもうガッカリさせることを言うのをやめたよ


カワラヒワが北海道にやって来たってことは

完全に冬が通り過ぎたんだね

週末その清々しい故郷へ帰るのが楽しみだ


KENICHI KIKUCHI "Mother's Proof"

2007.4.22

日曜日あいにくの雨だ

春を感じるには今日がベストだったのにな。


昔は作品作り、「怒り」が主な原動力だったのは間違いない

真っ直ぐな素直な思いに対しての弊害、争い、疑問

だからプロテスト・ソングは自然に生まれてきた

けどここ数年は自然からの感動で動かされることが多い

改めて知らされることが多いんだ

感動にはとてもたくさんのインフォメーションが詰まっている

その「愛」や「信号」、

感じるも感じないも自由

けど、あたりまえだからこそ

それを感じ取ったときのエナジーはとてつもない

大袈裟なことじゃなく

やっぱりすべては連鎖している

あえて自分を基準に例えるならばスズメもサクラも自分の一部分だ

KENICHI KIKUCHI "Chain"

2007.4.20

宮城県でも東部と西部は天気予報も別れている

西部では先週桜が満開を迎えていた

僕の住む東部ではいよいよいい頃だ

仙台川っぷちを歩きながら

夜桜味わえるところないかと探していたら

黒い影がひとつ飛んでいた

小鳥?

巨大昆虫?

いや、コウモリだった

ヒラヒラとジグザグに飛んでいた

いるんだなぁ

なんだか得した気分になって

夜の闇の中しばらく眺めていたよ

シダレザクラの下でね。

KENICHI KIKUCHI "BAT"

2007.4.19

郵便受けに封筒が届いてた

来週の釧路LIVEで共演するREOからだ

新曲が届いた

間奏と転調後のエンディングのハーモニカ・アレンジ頼まれた

どんな曲かな? 一緒に添付されてた音源が楽しみ!

けど、ギリギリっすよ、

もう完全に彼女は沖縄時間なんだよなぁ(笑)

KENICHI KIKUCHI "REO's New Song"

2007.4.18

明日の朝食のパンを買おうとスーバーに寄ったら

なんだか懐かしいヤツがいた

給食にいつもついてきたアイツさ

牛乳で流し込んだアイツさ

しかも贅沢にジャムとマーガリン付きときた

さっそく連れて帰ってきた

KENICHI KIKUCHI "Koppe"

2007.4.17

多くを語らない僕の父親の貴重な語録の中に

特に忘れられないセリフがある

それは僕が初めて親元を離れ遠い地で暮らすことになった前の晩


「ひとつだけ言っておく、近くにツケのきく店を見つけておけ」


時代錯誤な言葉でそのときは笑ってしまったが、

どんな生き方、苦労して来たのか

なんとも男親くさいセリフじゃないか

僕はそれが忘れることができない

KENICHI KIKUCHI "Father to Son"

2007.4.16

久々の故郷のLIVEを前に気合いが入りすぎたのか

5弦が切れた

いつものvとではあるけれど。

部屋へ帰ってきて照明を落としてイメージしながら

数曲やると、客席の顔が浮かんできて

ひとりの部屋で思わず笑ってしまうんだ。

28日の当日が楽しみでならないよ

KENICHI KIKUCHI "Image"

2007.4.14

2007 SLOW TRIP Vol.012 「 大河原 : 1062 CHERRY BLOSSOMS 」


昨夜調べた翌日の天気予報「朝から雨、日中次第に晴れるでしょう」

目覚めた午前5時、窓の外は予報通り悪い天気

でも「次第に晴れるでしょう」に懸けてみよう


SLOW TRIP 更新! 画像をクリックして下さいね

KENICHI KIKUCHI "2007 SLOW TRIP Vol.012"

2007.4.13

故郷の"JJ"からのメールに写真が添付してきた

そうですか、故郷も春来てますか!

なんだかここのところ寒くてどうなってるのかと思ったけれど

しっかりこちらも桜来てるし、

故郷にもふきのとうに、福寿草、

春来てましたか !

KENICHI KIKUCHI "Spring of Home"

2007.4.11

今年でこの Web Site 開設から10年を過ぎたことだし

放置してきたコンテンツをコツコツ手直ししていきます。

アコースティックギター会議室のように

当時はアコースティックギターについて話し合う場が

無かったから作ったのだけれど

今では素晴らしい サイトがたくさんあるように

役目を果たしたページもそのままだし

作品のページだって当初の作風からやっぱり変化してるし

放置していたら恥ずかしいしね。

早急に見直ししていこうと思います、ハイ

KENICHI KIKUCHI "old page"

2007.4.9

ありがたいことにLIVE終了後、

「ブルースハープもっと聞きたかった」と言っていただけることが多いので

今回のLIVEのほとんどの曲、ブルースハープ・アレンジしている。

中古の曲もなんだか生き返ったようになったりして

弾き語りって奥深いなぁ、

って今更ながら感じてしまった。

僕にとって唯一素直に操れる楽器だもの売りにしないとな(笑)


KENICHI KIKUCHI "BLUES HARP2"

2007.4.8

これを君への最後の詩にしよう
随分甘えすぎてしまったから
いつか僕は電池切れのブリキのロボットだった
君の声が必要で
君の唇の弾力が必要で
それがあれば即座に充電され
両目を赤く点滅させてガチャガチャガチャ、
ようやく自由に動くことが出来た

ありがとう
いつも電池が切れる度に甘えてしまった
そしてパワーがある時にはわがままだった
行ってしまえるところまで走り
止まってしまうと君に電話をかけた
君はいつでも期待通りに
充電させてくれた

世間じゃブリキのロボットなんて
見向きもしない中
そんな中でも君は優しかった
いつも話しを聞いてくれた
両腕を左右に振って前へ前へ
ピーポーピーポー警笛を鳴らせるのは
君がこの世にいてくれるから
なのに君の信号に気付けない役立たず

ありがとう
いつも電池が切れる度に甘えてしまった
そしてパワーがある時には君に留守をさせてしまった
行ってしまえるところまで走り
止まってしまうと君に電話をかけた
君はいつでも期待通りに
充電させてくれた



KENICHI KIKUCHI "2007 KENICHI'S LYRICS #002"

2007.4.7

またもやマザー、僕のツボに入る写真を撮ってメールに添付してきた

「夕暮れカラスシルエット」

上の写真がノーレタッチのオリジナルに文字を配したのみ

下2枚がアレンジ

良いなぁ

このシンプル路線で作品集作れそうだなぁ

KENICHI KIKUCHI "The silhouette of the crow"

2007.4.6

盟友 まつもとゆきひろ参加決定!!

なんだか凄い夜の予感!!

さきほどヒートボイスの目黒さんへ電話した

「気持ちよく歌っていいLIVEにして下さいね !」

10年振りの声はとっても優しい声だった

ホント故郷はあったけ〜な!!

いろんな人に支えられてるなオレ

みんな来てね〜!!

KENICHI KIKUCHI "with Friends"

2007.4.5

LIVE ページも更新しました!!

KENICHI LIVE INFO

思えば「えいが館ラスト・ライブ」から10年も経っていたんだ

なんかとってもうれしい気持ちでいっぱいなんだ

ほぼ毎週土曜日数年間お客さんの前で歌った店

ここで学んだことの多さと言ったらないものね

そこへ旅で出合った仲間たちとまた歌えるなんて!!

みんな来てね!!

KENICHI KIKUCHI "home"

2007.4.4

まずは緊急告知を!

故郷 釧路でのLIVEが決定しました

場所は僕が育った「喫茶 えいが館」

2007年4月28日(土)19:30開演

入場無料 : 1ドリンクオーダーお願いします

今回は去年沖縄LIVEで共演した

実は釧路生まれのREOさんも札幌より参加!

「勿論即OKですよ」と

快諾してくれてた

「えいが館」mama娘さん、感謝いたします!!

故郷のみなさん、北海道のみなさんよろしくお願いします!

KENICHI KIKUCHI "2007 LIVE in KUSHIRO"

2007.4.2

職場のみんなの「春のダイエット作戦」に参戦した夜

実家からプリンが届いた

旭川旭山動物園で売ってる「旭山プリン」だ。

こりゃ道連れだな、と

今日職場へ持っていき3時のおやつとしてみんなでいただいた。

トロトロ濃厚でカルメラが甘くなくて美味い!

こりゃひとりで食べればよかったかな、、

いけない、いけない(笑)

KENICHI KIKUCHI "ぱぷりん"

2007.4.1

2007 SLOW TRIP Vol.010 「 長命館公園 : ストーム・オブ・スプリング 」


昨日も雨、日曜日も期待出来ないと思っていたけれど晴れた。

でも外へ出た瞬間吹き荒れる風に驚いた


SLOW TRIP 更新! 画像をクリックして下さいね

KENICHI KIKUCHI "2007 SLOW TRIP Vol.010"